小顔を目指すリンパマッサージの注意点

リンパマッサージを開始するコツをお伝えします。
小顔を目指すためのマッサージは、どこから行うと思いますか。

 

実は鎖骨から始めます。 全身の老廃物が集まる場所なので、リンパマッサージはまず鎖骨のリンパをスムーズにすることが大事なのですよ。
人差し指と中指で鎖骨を挟み20往復すれば、これだけでも小顔になれる程効果的です。
次に、人差し指と中指を揃えて、顎下から耳の後ろを経由して真下に下ろし、鎖骨まで5回から10回流してください。

 

ここでやっと顔のマッサージにとりかかります。 小顔を願う人は毎日試してくださいね。

 

額は人差し指から薬指、または小指までを揃えて額の中央にあて、端まで動かしたら耳の前経由首筋へ流します。
目の周りは力の入りすぎない薬指で、目頭から目の下経由目尻へ。
次に目頭から目の上経由目尻へ、目の骨に沿って移動させた後は首筋に流します。 眼球を押さえないよう注意してください。

 

口の周りは、中指と薬指で顎の中央から法令線沿いに鼻下へ動かします。 この流れからほお骨下を通り耳の前へ移動させ、首筋まで流します。
鼻は薬指で小鼻から鼻筋を通し、首筋まで流していきます。

 

リンパマッサージは小顔を目指す女性に効果が大きいものですが、いくつか注意点があります。
難しいことではないので、必ず守るようにしてくださいね。
まず、マッサージクリームを忘れないようにしてください。
指を直接肌の上で滑らせることがないよう、使いすぎな程度にたっぷり顔に乗せましょう。
マッサージは優しく撫でれば十分です。
小顔を目指すためとはいえ、力を入れたり思い切り押さえたりする必要はありません。
リラックスした状態で優しく行うことが重要なのです。
少しずつでいいから、マッサージは毎日行いましょう。
時間がないときは、鎖骨だけ、鎖骨と顎下だけでも行えば多少は違います。
顔のマッサージでは、顔だけに指を走らせて終わりにせず必ず首筋まで流します。
リンパを首筋まで流してあげることが大事なのです。

 

小顔のために、リンパマッサージの後に余裕があれば顔の筋力を鍛えてみてはいかがでしょうか。
口をはっきり開いて「あいうえお」をゆっくり動かすだけでも効果的です。
鏡の前で笑顔を作るのもいいですね。

小顔になるツボがある?

 

小顔になる手段のひとつとして、マッサージも人気があります。効果としてはリンパの流れが改善されることもありますが、同時にツボも刺激していることが考えられます。

 

となると、最初からツボを集中的に刺激することを考えてもいいでしょう。

 

小顔のためのツボとして、もっともよく知られているのは、「四白(しはく)」でしょう。

 

目の下のくぼみにあります。目の下端から指一本の太さ分程度下で、黒目のちょうど中央辺りです。

 

人さし指で、少しずつ圧力を加え、ちょっと温かくなったように感じたらそこでやめます。顔のむくみがとれるほか、筋肉もやわらぎ、目の疲れまで取れます。顔全体の血行が良くなるのです。

 

また、「頬車(きょうしゃ)」はエラの部分よりも、1センチほど下にあります。耳たぶと下あごの角のちょうど間で、口を開けた時にくぼみになる部分です。押してみると、あごの中まで響くような感じになるので、分かるでしょう。

 

ここは親指で押すのがいいでしょう。顔のたるみが解消し、ぜい肉まで落ちます。

 

「上廉泉(かみれんせん)」はあごの下のちょっとへこんでいる部分にあります。

 

あごをあげて首のスジを伸ばします。その状態で親指の腹を当て、上に向かて押します。押す・緩めるを繰り返しましょう。二重あごの解消になります。

 

あまり必死になる必要はなく、テレビでも見ながらのんびりやれます。

 

ただし、いずれも即効性はありません。日ごろの習慣にすることで、気がついた時には変化が出ている……といった感じでしょう。

 

注目情報が満載のサイト紹介

にきびは跡が残ってしまうのが一番の悩みです。エステのニキビ対策コースでは跡が残らないようにキレイな美肌作りをしてくれます。病院ではしてくれないスベスベ肌になるにきび対策エステをご案内しています。
ニキビ エステ

 

必要に応じて金融機関運営の情報が豊富なウェブページを十分に利用すれば当日振込も可能な即日融資で対応できる消費者金融会社をすぐに検索を行って、どの会社にするか選択することも問題ないのです。
10万借りたい

 

 

 

更新履歴